Eureka! & PiNS!

From Temmabashi, Osaka, Japan with Love.
<< 一行情報! | main | 梅酒作り >>
旗を掲げよう、僕なりの。
0

    今年の1月3日にweb storeをオープンして以来、本日で半年が遂に経過しました。

    ブラボー!

    あっという間の半年間、フリーマーケットへの出店や、展示販売会など、

    ネットの世界を飛び出して、お客さんと直に接する機会も持ち、

    また縁あって大切なお付き合いをさせて頂ける素晴らしい人たちにもたくさん出会い、

    感謝感激の日々です。


    その一方、お店のブログでネガティブな事は書くまいと決めておりましたが、

    この半年間、色々と大人の世界の嫌らしい所や汚い所も味わいました。

    あぁ、言葉と裏腹にこんな嘘を平気で付ける人もいるのかと。

    恥ずかしながら、悔しくて涙のこぼれる日もありました。


    人を信じるということの難しさを痛感しました、

    いや僕が人を簡単に信じすぎるのかもしれませんが。。。


    ただそんな人達もごく僅かで、世界には僕と同じように日々を暮らし、

    娘の成長を心から喜ぶ親、女の子に恋をする少年、遠い日本で起きた地震を心配してくれる友人、

    短い期間で本当に素晴らしくて、愛すべき友人が世界中にたくさん出来たことを誇らしく思います。

    くじけそうになる日もありますが、

    こういった人たちとの出会いがあると、そんな事は本当にちっぽけな事に思えます。


    最後に今日のブログのタイトル、旗を掲げるというのは、このお店のスタイルの話です。

    今までは書きませんでしたが、実際に北欧に出て気付いたのは、

    意外と本当はそんなに高くないんですよ、北欧雑貨。

    北欧雑貨を扱っているお店がこんなことを書くのもおかしな話ですが、

    実際に現地で体験してみて、なにか「北欧」「海外」という魔法のフレーズで、

    価格だけが吊り上っていることに違和感を覚えました。


    現地では普通に暮らしている人たちが不要なモノを普通の値段で蚤の市で売っているモノが、

    日本に来ると何倍もの値段に跳ね上がることが。

    例えば、恥ずかしながらまだ売れていませんが、こちらのaarikkaの缶

    こんなに安いのは、決して偽物ではなく、現地では本当にこういった価格なのです。


    昔から、皆と意見が違うことが多く、和を重んじる習慣に軽い違和感を覚える性格でしたが、

    自分が店主のお店で、周りに合わせて自分の意見を抑える必要も怖がる必要もない事に、

    今更ながら気付きました。

    この国で一人だけ違う声・旗を上げることは、とても怖い事ですけど、

    自分の中で納得出来ないもの(嘘)を続けるのは辛いので、旗を掲げることにします。

    商売に向いていないと言われたりしますが、やるだけやってみます!


    色々あって僕が決めた、このお店のスタンス、僕の掲げる旗はこうです。

    ?実際に現地のお店や蚤の市で販売されている価格に近い価格での販売

    ?その為に徹底したコストの削減、けれども改善出来ることは改善する

    少ないスタンス、旗ですが、今後もこの2点をお店の基軸にしていきます。

    応援していただける方、どうぞよろしくお願いいたします。


    今日お話しした内容は、

    下のお話に出てくるスズメバチやスズメバチ駆除業者などを別の言葉に置き換えると、

    僕の言いたかった話に近いです、そんな2chより引用のコピペ。

    =============================================

    512 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/04/05(水) 20:13:25 ID:wVSHjeTq0
    伊集院が昔言ってて心の底からこの人は頭がいいなあと感心した話。


    まずみんなが集まっているところに伊集院が行って
    ポッケからタバコの箱を出して「この中にスズメバチ入ってるから触らないでね」と言って、
    そこに近寄らないようにしてからその場を離れる。

    そのあとみんななんとなくその箱の置いてある席には近寄らないままでいる。
    その部屋に他に人が入ってきたときに
    「何でその席人がいないの?」
    「なんか箱にスズメバチが入っているから座るなって」

    そして最初部屋に居た人はもうみんな居なくなり、伝聞でしかスズメバチの事を知らない人だけが居るようになる。
    そしてその人たちが更に新しく来た人に尾ひれをつけてスズメバチが居る話をする。
    既に存在しないスズメバチがみんなの行動に影響を与えるようになっている。
    最初は一匹という話だったのに、凄い数が入っているということになったりもするだろう。

    そこにふらりと「スズメバチ駆除業者です」と名乗る男が現れて箱をポッケにしまい、
    みんなに駆除の代金を請求するとみんな払う。
    スズメバチなんて居ないのに。


    「これが、テレビに関わっている俺の立場で言えるギリギリのラインの、霊能者というものへの考察」って。


    =============================================
    | Eureka! web store | 00:00 | comments(2) | - |
    コメント
    >SUKETOKUさん
     ありがとうございます。
     考えは人それぞれですので、一つの意見としてお聞きください。
     お互いに頑張りましょう。
    | 塚本@Eureka! web store | 2011/07/05 1:07 PM |
    素晴らしい
    俺も一回あきらめたけど
    また発信できる準備がはじまった
    | SUKETOKU | 2011/07/03 5:37 PM |
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE