日本全国妄想カフェ探訪◆◆電話喫茶 もしもし◆◆

0
    ※お詫び※ 前回の次回予告としてご案内しておりました、岡山県の迷路喫茶【ロストウェイ1997】さんですが、

    先月末を持ち、閉店されました。楽しみにされていた皆様、大変申し訳ありません。



    さて、本日ご紹介しますのは、電話機好きが集まる店、喫茶もしもしさんです。

    東京は府中市、昔ながらの活気のある商店街の一角で営業されています、こちらのお店。

    カウンター席が4席とテーブル席が2席、昭和を感じさせる内装のこじんまりとした喫茶店ですが、

    店内には使用されなくなった公衆電話ボックスが4台設置され、

    お一人でご来店のお客様は、こちらのボックス内でお茶を楽しむこともできます。


    店主は、旧電電公社を定年まで勤め上げ、

    現在は『社団法人 明日の公衆電話の将来を考える未来の会』の専務理事も務める、

    根っからの電話好き、公田衆五さん。

    若い頃には電話交換手のお仕事をされていた、奥様の話子さんもご一緒にお店を切り盛りされています。


    各席には黄色でお馴染みの分暑いタウンページが置かれていますが、内容は全て書き換えられ、

    一冊まるまる店内メニューからお店の歴史、ご夫婦の馴れ初めなどがビッシリと記載されており、

    注文の待ち時間も暇を持て余すことなく楽しむことができるようになっています。

    また、注文は各席備え付けの固定電話より発信をし、別室で待機している交換手役を受け持つ話子さんから、

    カウンター内の衆五さんに繋がれ、注文するという流れになっています。

    最近は昔を懐かしみ、電話交換手を知らないお孫さんを連れてくる方も多いそうです。


    飲み物は全てドリンクバー制になっており、店内に備え付けられた整然と並べられた公衆電話から、

    飲みたい飲み物が記載された受話器を手に取り、ダイヤルをプッシュすれば受話器より、

    まるでシャワーのように飲み物が吹き出る仕組みになっています。

    「ドリンクバーマシンと知らなくてね、電話を掛けようとして耳から上半身までトマトジュースまみれになった人もいましてね」

    と子供のようないたずらっ子の目つきで語る、衆五さん。


    このお店、最大の楽しみはなんといっても備え付けの電話機から世界各国にランダムに繋がるパルプンテ電話。

    「孫からゲームの話を聞きましてね、パルプンテと唱えれば何が起こるか分からない魔法がゲームの世界にはあるそうで。

    この電話も掛けてみないとどこと繋がるか分からない、という意味で名前を拝借させていただきました」

    以前はアメリカのある都市の州警察に電話が繋がってしまい、

    あわや国際問題になりかけたこともあるそうです。


    お代金のお支払は現金のみですが、テレホンカードでしたら、1度数10円として使用することは可能だそうです。

    次回、日本全国妄想カフェ探訪は、京都市にあります妖怪喫茶【魑魅魍魎】をお伝えします。




    こちらの記事もご一緒に

    日本全国妄想カフェ探訪◆◆崖マニア専門カフェ 背水の陣◆◆

    日本全国妄想カフェ探訪◆◆流しそうめん専門カフェ 島流し◆◆

    日本全国妄想カフェ探訪◆◆お祭りだんじりカフェ 雅◆◆

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM