雪の中に埋まってはまってはったわ!伊吹山 AKA...山とバッジ

0
    前回は、姫路にあります雪彦山に登り、山頂付近にいると思われる、

    雪彦山バッジを売りのおじさんを探しましたが見当たらず、バッジゲットを断念、

    ただただ山登りしただけという結果に終わりました。


    そして今回のAKA...山とバッジは、伊吹山に登ってまいりましたので、そのレポートです。


    大阪から新快速で一本、米原からは電車を乗り継ぎ、やってきました近江長岡。


    車窓からも見えていましたが、駅前から遠くに今回の目的地、伊吹山、標高1,377mがキレイに見えます。

    アーアーアー、登れる気がしない。アーアーアー。



    バブル期の匂い、私をスキーに連れてって臭がタマラナイ看板。



    この看板の下がバス停になっています。

    地元のバスに乗り込んで約10分、伊吹山登山口に到着です。



    レベルの高い山ですので、登山者カードは必ず記入しましょう。


    いざ!


    だいぶんと端折りましたが、先程のゲートをくぐってから30分ほど掛け、森の中を登ります。

    えぇ、まだ一合目!?


    一合目からは、ほぼ木々や遮蔽物がないため、日光を常に浴びての登山になります。夏場はキツそうですね。

    1合目を過ぎたあたりから、振り返ってみえる景色の良いこと。

    パラグライダーの練習場もあります。








    ところどころ残雪があり、都会っ子のボクチンは大はしゃぎ。





    日が高く登るにつれ、溶けだした雪が登山道へ流れ落ちていきます。

    「チョロチョロチョロ・・・」と、音は間違いなく水の流れる音ですが、見てみると泥水です。

    泥水だって水である。



    ツララを激写!




    山頂付近に近付くと、そこはまだ銀世界。ヒャッハー!!!

    「山頂の売店で、バッジを買うんや!」

    そう熱い想いで若き青年は、歩を進める度、深く沈む雪の大地をしっかりと踏みしめ、売店へ向かうと、


    雪の中に埋もれてはったわっ!ドアホッ!








    でやぁ〜!!!


    あまり使いたくない大文字効果を使ってしまうほどのショック。

    しかしながら、冬季は売店が閉鎖されることを調べなかったワタクシの、完全なミス。

    そのショックを忘れさせるほどの、山頂の雪景色の美しさ。





    看板の裏が十字架みたいになっとる。


    ヤマトタケル像であります。


    パノラマ写真で一枚。

    長野の方の山々がキレイに見えます。



    遠くに琵琶湖は見えます。

    下山時には登山道の雪はほぼ消え、その美しさは僕の心に美しく残ったのでありました。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM