ミッドナイト・ラン 1−3

0
    店主、東京浅草買い付け出張で不在の為、

    第8回日本四つ葉ブルーベリージャム文学大賞新人賞候補作『ミッドナイト・ラン』でお楽しみください。






    夕方から降り始めた雨は、雨脚を増し、夜の闇よりもずっと深い、排水溝の奥に流れ込んで行く。

    徘徊を始めた頃は、雨の日に外に出るのは億劫に感じていたけど、部屋に居ても何もする事がないのに気が付いて結局は外出。

    最近では雨が降ろうがおかまいなく、徘徊するようになった。

    普段は何も持たず歩き回っているだけに、傘を差して歩き回るのも億劫。

    なので、いつもより上着を一枚余計に着込み、更にその上にレインコートを羽織り、いつも通りに手ぶらで出掛ける。

    玄関で靴を履く時から皮膚に張り付いてくるベタベタとする感覚、そしてドアを開ければすぐに漂ってくるこの匂い。

    普段は誰が気に留めるでも無く、ただ踏みつけられているだけのアスファルトが、唯一人間の嗅覚に向け、自己主張をする時。

    降り注ぐ雨を無条件に呑み込んで、そこに己の匂いを染み込ませ、もう一度地上に向け放射した時に発生する、あの複雑な匂い。

    レインコートに当たる雨の音を耳元で聞きながら、いつもの幹線道路に出る。

    大きな空間に出たせいだろうか、アスファルトの匂いも、僕の回りを取り囲むように充満していた。

    灰色のアスファルトに、黒い染みがポツリポツリと増えていき、その後は一様に黒くなっていく様。


    小学生の時は、その光景とこの匂いを嗅ぐと、雨が降ってきた。ただ単純にそう感じていた。

    けれども今思うと、雨が降る度に自我など持たないはずの[モノ]たちが、

    水分を吸い込んで[自我]に目覚め、匂いでもって、存在を発信していたようにも思えてきた。

    机の匂い、廊下の匂い、わら半紙の匂い。

    確かに普段から、晴れの日にもそれぞれ固有の匂いがあったけれど、それは[嗅ぐ]という明確な意志で嗅いだ時だけに感じられた匂いであって、

    雨の日に呼吸をする度に鼻腔内に充満する、あの強烈な生気を纏った様なそれぞれの固有の匂いとは明らかに違っていた。

    その当時、僕はこれらの匂いに対し、匂いの濃さを不快に感じていたけど、

    心の奥では匂いの濃さ以上の何か、その後ろに存在するものを感じ取って、不快に思っていたのかもしれない。

    そんな事をぼんやりと空想しつつ、僕は雨の日にしか立ち寄らない、川に向かった。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM