Eureka! & PiNS!

From Temmabashi, Osaka, Japan with Love.
<< 世界メイド喫茶紀行 〜エストニア:Sushi Cat 後編〜 | main | 素敵 >>
ロウソクを使った什器のエイジング
0
    今回のDIYは、いつもの什器へのペイントに追加で、大きなガラス面にロウソクでアンティーク風に変えてみたいと思います。


    こちらが今回の什器。

    雑貨屋さんで千円ポッキリで購入しました。



    「パリ」のペイントは不要ですので、マイナスドライバーでゴシゴシと削り取ります。

    あまり力を入れ過ぎると、ガラス面に傷が付きますので、力の入れ加減に注意しながら作業をします。





    大分と端折りますが、毎度お馴染みの伊波英吉著『スクラップメイドのインテリア』を参考にペイントティングしました。





    什器内部の高さ調整の為、発泡スチロールに黒フェルト布を被せ、ホッチキスで固定していたのですが、

    よく考えてみたら、フェルトと発泡スチロールを両面テープでくっつけた方が簡単だということに気付きましたので、記載しておきます。



    さぁここからが本題です。

    このガラス面に、溶かしたロウソクを一面に塗りたくります!

    何故この技法を知ったかといいますと、ふと手にしたこちらの本に記載されていたからです。



    本当は、空き瓶や鉢に溶かしたロウを塗るとアンティーク風になると書いていたのですが、

    ならばガラス面に塗っても一緒であろうということでチャレンジしてみます。



    沸騰させたお湯で湯煎をし、ロウソクを溶かします。

    長い1本の半分を溶かしたら、大分と余りましたので量は少なめで見積もった方がよいかもしれません。



    あとは溶けたロウをいつものペイントと同じように塗るだけです。



    いかがでしょうか?

    初回という事もあり加減が分からず、今回は大失敗 >< と相成りました。

    塗り過ぎたロウは、たわしやヤスリで擦れば取れますので、アンティーク加減は調整可能です。
    | DIY | 00:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE