日本全国妄想カフェ探訪◆◆崖マニア専門カフェ 背水の陣◆◆

0
    今日ご紹介しますのは、長崎県にあります崖マニア専門カフェ、背水の陣。

    全国的に見ても、崖、斜面が多いことで知られています、ここ長崎県。

    そんな、崖、斜面の魅力に取りつかれ、一昨年、文房具のルート営業から脱サラ、

    今まで貯めたお金でこちら長崎に、奥さんと4歳の娘さんを連れて移住、崖をコンセプトにしたカフェのオープン。と、

    お店の名前の通り、まさに後の無い背水の陣で挑んだ店主の陰山さん。


    「何故、崖や斜面が好きなのか?自分なりに考えてみたんですが、あのぅ〜、なんていうんですか、

     試験の前の日の晩とか、寝坊して遅刻しそうになった時とかの、あの感じ。分かります?

     もぅ本当、額に滲む脂汗とか、心臓がバクバクする感じ? アレと崖の趣が似てる気がするんですよねぇ。」

    そう熱く語る陰山さんでしたが、取材陣は分かるような分からないような曖昧な相槌を打ってしまいました。


    さて、こちらの背水の陣さん、

    断崖絶壁、急斜面というより崖に沿って建てられた6坪ほどの小さなお店ですが、崖に賭けた熱い想いは店内一面に広がっています。

    まず気になりますのは、壁一面に飾られた崖の写真。

    こちらは陰山さんが会社員時代、休暇を利用して撮影してまわったという世界中の崖や斜面の写真です。

    「遠くから望遠レンズで向かいの崖から向こうの崖を撮りますでしょう?

     そしたら、もっと良い構図!もっと近い構図!とね、無意識に前に進んじゃいましてね、何度崖から転落したか分かりませんよ!」

    そう語り、転落した際にできた傷を取材陣に一つ一つ、傷の出来た場所を教えてくる陰山さんはなんともシュール。

    ちなみに陰山さん、あまりに崖からの転落が多いため、保険会社から傷害・死亡保険ともに加入を断られているそうです。


    そして、こちらのお店の特等席は窓辺の、あえて崖から少しはみ出して作られたカウンター4席。

    土台がないためか、椅子に座れると少し地面がぐらつく感じがします。

    「どうです?下から冷たい風が伝わってきませんか?崖、体感できませんか?」

    。。。肝を冷やしたところで、こちらのオススメメニューを教えていただきましょう。


    「ケーキはこの一種のみです。」

    この商品に賭ける想いの表れでしょうか、ほんのりと紅い頬をした陰山さんがテーブルに持ってきましたのは、ガトーショコラ。

    「崖とガトーを掛けましてね。ガケーショコラという名前で販売しています。」

    提供されたガトーショコラを見て、「あぁ、これは凄い!」と、

    取材陣も思わず舐めまわすようにガトーショコラを見入ってしまいました。

    ケーキの縁の部分から中心に向かい、およそ70°はありますでしょうか、かなりの急勾配です。

    また、ガトーショコラの切断面は、崖を強く意識し、チョコチップで突き出た岩を表現しています。

    「普通のガトーショコラは、粉砂糖で表面をコーティングすると思うんですけど、

     私はあえてきな粉を使いましてね、崖っぽく砂を表現しています。」

    ガトーショコラ生地の茶色に、きな粉の黄土色という、おおよそ食欲をそそらない色使いではありますが、

    ケーキで斜面を表現するという手法にあっぱれ。


    さて今日ご紹介しました、崖マニア専門カフェ、背水の陣さん、定休日は日曜日と祝日、そして風の強い日となっております。

    次回、日本全国妄想カフェ便りは、岡山県にあります迷路喫茶【ロストウェイ1997】をお伝えします。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM