Fra Danmark -Amsterdam編 世界一の自転車大国の実態-

0
    アムステルダムが世界一の自転車大国だということは有名な話です。

    なにが世界一かと言いますと、国民一人当たりの自転車保有数がです。

    海を開拓して出来た運河の街ゆえに道が平坦で自転車で走るには最適というのがここまで自転車大国になった所以でしょう。


    アムステルダムは、陸路の玄関口であるアムステルダム中央駅から放射状に運河が伸びる水の都。

    メインストリートは歩道、自転車レーン、そして車道及びトラム(路面電車)がきっちり区分けされていて、

    自転車が堂々と公道を走れる環境が整っています。

    自転車を乗る人にとっては、日本よりもずっと整ったこの環境は羨ましい限りです。


    ですが路面は伝統ある街並みを印象づける石畳の道が続いていたり、トラムのレールをまたぐところが多くあります。

    そのため、クロスバイクやマウンテンバイク、ロードバイクの様な競技用自転車を乗っている人はごくごく稀で、

    ほとんどの現地の人々はダッチバイクと呼ばれるタイヤが太く重厚なオランダ製の実用車を利用する傾向にあります。


    この国での自転車とはファッション感覚でという概念やエコを意識するからなどといった流行りごととは無関係に、

    手入れをして何十年も使い続ける生活の一部なるものなのかもしれません。

    日本人の体には大きく重たくごついダッチバイク。

    ですが生活の為にただ使っているというわけではありません。同じ様なフォームの自転車をみんな思い思いに工夫していました。








    written by iide-a-graphica

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM