Fra Danmark -Stockholm編 ストックホルム市立図書館-

0
    ストックホルムには建築界ではとても有名な図書館が存在します。

    その名もStockholms stadsbibliotek。

    直訳するとストックホルム市立図書館。

    なぜこの図書館が注目されているのかと言いますと、その理由は円筒形のフォームにあります。


    こちらは北欧を代表するデザイナー、グンナール・アスプルンド設計。

    Erik Gunnar Asplund


    この図書館はObservatorielundenという公園の中に位置するのですが、

    この丘の頂上にストックホルム天文台があることからこの名前(天文台の丘という意味)を持つとか。

    公園内では親子で湖際に寝そべっていたり、カップルがサンドイッチをほおばる姿も珍しくありません。

    要するに地元民に密着した憩いの場となっていました。

    その中を散策しながら歩くと、なんともない木に誰かの描きかけの絵がかかっていたり、電柱を覆うがごとく貼付けられた絵。絵。絵。



    まるでちょっとした野外ミュージアムです。


    そんな様子を楽しみながら道なりに沿って歩いて行くといつの間にか図書館の門にたどり着きます。


    開館してすぐに行ったにも関わらずこの人の多さ。年齢層も幅広く市民に愛されている図書館ということが伺えます。


    中には階段もあり、二階層になっているにも関わらず天井が高くこの開放感。


    この大部屋のみならず分野によっていくつもの小部屋が更に広がっていて、一日中でもいられそうです。

    旅行となると観光名所巡りで時間に追われがちですが、

    たまには地元の人に混じって、cafeも併設されているここらで少しホッと一息しませんか。


    written by iide-a-graphica

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM