22 Nights 23 Days 〜Day 14 : フィンランドの森でバーベキュー〜

0
    友人に誘われ、フィンランドの森でバーベキュー。

    「パーティーだ!パーティー!」

    ヘルシンキのホステルで一人大騒ぎ。ヨーロッパのパーティーマナーなんてあるのかしらん?と、ホステルの受付のお姉ちゃんに質問。

    「何か飲み物でも持っていけば?」

    はい、そうします。


    ヘルシンキ中央駅近くの地下鉄で、近郊のベッドタウンに住む友人宅へ。




    どっちの券売機やぬん!!!

    アタフタしながら「パーティー行かなアカンねん!」の精神で、無事購入。


    ホームへ向かう地下エスカレーターの長さは、ロンドンの地下鉄に匹敵すると思いました。(写真無し)






    駅のホームの天井は、元の岩盤をキレイに加工したのかぁと思うほどシンプルな作り。







    フィンランドの有名デザイナーがデザインした地下鉄車両。

    紅色?オレンジ?の鮮やかな色使い。ビューティフル。





    駅のホームで待ち合わせ、彼らのアパート近くの森へ。

    アパートの一階には、薪がたくさん保管されている倉庫があり、そこから数本、バーベキュー用の薪を持っていきます。

    「こんなに大量の薪、誰が切ってるの?」

    「知らねぇ」


    大きな大きな森、家の近くにこんな森があるのはハイキングに良いなぁ。そんな大きな森。


    ボーイスカウト上がりの友人は、器用に薪の表面を削り、交互に組み上げていきます。


    ファイァアア!!!

    串は持っていかず、森の中で適当な細さの枝を見つけ、枝の先を鋭く切り落とし、ズブリ材料を突き刺します。

    フィンランドのマッシュルームの大きさとジューシーさに感動。

    マッシュルームを肉厚のベーコンでくるみ、串で突き刺して、火であぶる。

    くはぁ〜。思い出しただけでよだれが垂れる美味しさでした!



    後片付けも重要。


    ホントに素敵な夫婦だよ、バカヤロウコノヤロウ!


    彼らの自宅に戻ってからも、手作りお菓子を。

    暖かいおもてなしに、フィンランドで半泣き。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM