Eureka! & PiNS!

From Temmabashi, Osaka, Japan with Love.
カタール旅行記2011 〜勘違い、よくない〜
0
    イギリスのヒースロー空港から飛び立ち、約6時間、カタールのドーハ国際空港に降り立ちました。

    途中の機内、隣に座ったオシャレなイタリア人とおぼしき老夫婦が座席モニターの使い方に右往左往していたので色々と教えてあげ、

    イタリア語で「プレーゴ!(どういたしまして!)」とか言って得意げになっていましたら、実はフランス人でした。

    本当にすいません。


    恥ずかしさから、死んだように寝たふりをしてカタール着。

    早朝、朝5時過ぎ。

    ほとんどの乗客はカタールで乗り継いでどこかに行く人ばかり。カタールの入国審査場も人がまばら。

    暇そうに気怠いお姉さんに入国料およそ3千円を支払い、未知の国、カタールへいざ行かん!

    さて皆さん、イスラム教は偶像崇拝を好まないと本で読んでおりましたので、ビビッて写真はあまり撮れていません。

    ですので、今回カタールでの写真は少なめです。ご了承ください。



    とりあえず日本円を現地通貨、QR(カタールリアル)に両替しないとどうにもならないので、空港内の両替所へ。

    が、開いてはいるものの担当者がいない。10分待とうが30分待とうが現れない。

    さすがに痺れを切らしてお外へ飛び出し、ホテルに向かうため、タクシー乗り場へ。

    「日本円しかないけど乗れる?」

    「オーケーオーケー、カモォーン、ライドオン!」

    「取り敢えず両替所に向かってあげるよぉ〜」





    この目で初めて、インドのタタ自動車を見る!

    その他にも、【○○工業株式会社】と書かれた日本の中古車とおぼしきトラックも見かけました。

    カタールは左ハンドル、そしてイギリスと同じでラウンドバウトがありました。

    「ホエァ〜、ア〜ユ〜フロム?」

    「日本すよ、日本」

    「イェ〜、ジャパンイズビッグカントリー!!!」

    「ディスカーイズトヨタァ〜、カムリ」

    よく喋る陽気な兄ちゃんで、どこから来たの?僕も尋ねますと、

    「アイムフロォ〜ム、ケニア!ドゥ〜ユ〜ノ〜?」

    「イェ〜!アイノ〜!ドゥ〜ユ〜ノ〜、ミスターサンコン?ヒィ〜イズベリーフェイマスTVタレント!」

    と、サンコンさん知ってる?と訊きましたけど、「誰だよ、知らねぇよ。」との釣れない返事。

    そらそうです、日本に帰って調べ直したら、サンコンさんはギニア出身でした。

    本当にすいません。

    | カタール旅行記 2011 | 00:00 | comments(0) | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE